初めまして。

maaaa11

高木優志(たかぎ まさし)と申します。

今日は、あなたに“ある提案”があって、
この手紙を書くことにしました。

 

 

 

もしも、あなたが、この提案に

 

「はい!」

 

と言ってくれるのであれば・・・

 

 

時間に拘束されることなく、

自由で豊かなアナタだけのライフスタイル

実現することをお約束します。

 

 

そして、あなたが、
僕の提案に首を縦に振ってくれるのであれば、
↓のような生活を送ることだって、夢ではありません

 

 

 

最近の僕の生活の様子を載せておきました。

 

 

 

 

こんな生活、どうでしょうか?

とは言っても、

 

 

「マサシさん、何を寝言を言っているんですか?
そんな生活を送れるのは、日本でも名前が通って

いるような大企業の社長さんぐらいですよ。」

 

 

と、あなたは思われるでしょう。

 

 

ですが、重要なのは、
このような生活を送っているのが、大企業の社長や、
大富豪の投資家だけではなく、

 

 

普通の大学に通う、普通の大学生や、
20代前半の社会人が実際にいる、

ということなのです。

 

 

 

あなたが手紙を読んでいる、今、このときも
そんな人間がこの日本中で続出しています・・・。

 

 

 

さらに言えば、僕もまた、
そんな生活を送る側へ一歩足を踏み入れた
人間の一人でもあります。 

 

 

 

 

 

あなたの頭の中には、

こんな疑問が浮かんでいるでしょう。

 

 

一体どうすれば、そんな夢にような生活を
実際に手に入れることができるのだろう、と。

 

 

お教えします。
つまり、その方法とは、

 

 

アルバイトや会社からの給料とは別に、
副収入を得る、ということです。

 

 

そして、その中でも、
今、あなたに最もオススメすること。

 

 

僕も含めて、そしてさっき紹介したような生活を
実際に送っている大学生や

 

 

世界中をぷらぷら旅する20代、30代の

自由人が、実際にやっていることとは、

 

 

インターネットで自分の趣味を発信して、
収入を得る、というライフスタイルです。

 

 

 

 

 

 

「なに言ってるんだよお前。」

 

「頭悪いのか?」

 

 

そう思うあなた。

 

 

日本社会の仕組みについて、少しお話ししますね。

 

 

まず今の日本というのは、

資本主義社会です。

 

 

起業家の方がよく言うセリフがあります。

 

 

「資本主義社会ではお金持ちが偉いんだよ。」

 

 

一概にはそうとは言えない部分もありますが、

これが、その資本主義なんです。

 

 

仕方ないことなんですよね。

 

 

ではその社会の仕組みの中で、

安定収入を求める人は何なのか。

 

 

そもそも「安定収入」って、

”く“”められた収入って書きますよね?

 

 

本当にその通りです。

というか安定なんてどこにも存在しないんですよ。

 

 

「将来家族とかできたら、仕事を好きな時に休んで

海外旅行とかのんびりしたいな、、、」

 

「家と車を買って、優雅に過ごそう!」

 

 

と少しでも思うあなたは、

まずは安定という考え方を間違ってはいけません

 

 

収入の太い柱がいくつも立っていることを

真の安定と呼びます。

 

 

そしてもう一つ。

 

 

今や、インターネットが進み、

ネット化社会が進み、情報格差社会となっています。

 

 

これは何を意味するのかというと、

情報を発信する側、情報を操作する側にいないと

資本主義の論理上、貧乏になってしまうよ

ということです。

 

 

安定収入と言われる、

安い賃金に安定を求める学生生活は一度置いておいて、

 

 

できることなら早め早めに手を打ち、

自分の人生に刺激を与えたほうがいいと

僕は強く思います。

 

 

 

 

 

 

「インターネット」
この言葉を聞いただけで

拒否反応がでる人もいるでしょう。

 

 

「なんか難しそう。」
「インターネットで稼ぐってなんか怪しい。」

 

 

そう思う人もいるでしょう。

僕も昔はその一人でした。

 

 

 

大学のレポートですらパソコンが苦手で手書きで

出すほどでしたし、
インターネットにも詳しくありませんでした。

 

 

そんな僕でも、今では、師匠から教わって、
インターネットを使って稼いでいます。

 

 

つまり、教わる人さえいれば誰でもできる

ということです。

 

 

あなたは今まで何を頑張ってきましたか?
何かに力を入れてきましたか?
何が他の人より得意でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、あなたの人生で、
頑張ってきたこと、熱中してきたこと、
時間をつかってきたことを、

 

 

インターネットを使って情報発信し、
そして、今、あなたの得意な分野で
悩みをもっている全国の人達の手助けをしてあげる。

 

 

そして、その代わりにお金を頂く、
という形のライフスタイルを送ることです。

 

 

ちなみに、ここで僕が言うのは、

 

「インターネットで稼ぎまくれ!」
という話では決してありません。

 

 

そうではなくて、今のアルバイトや
ある会社からの収入に加えて、

 

 

毎月20~30万程度の副収入を、
インターネットから得ることができれば、
より、あなた自身の人生が豊かになりますし、

 

 

時間的な余裕も、精神的な余裕も生まれて
あなたらしい自由で理想のライフスタイルを
送ることができるようになるのではないですか?

 

 

ということなのです。

 

 

 

 

 

「どうして?リスクないならいいじゃん。」

 

「早くやったほうがよくない?」

 

 

そう思うでしょう。

 

 

しかし、よく考えてください。

イチローにさえバッティングコーチがいるんですよ?

 

 

あなたに指導者は必要ないですか?

 

 

世の中の原理原則に従うとするならば、

できる人に聞いて、教えてもらわないと、

結果がついてきません。

 

 

もしあなたが、

素直に「興味がある!!」というのであれば、

今回僕があなたに無料で相談に乗ります。

 

 

 

 

 

 

今は大阪を拠点として、

オンライン、オフライン問わず事業拡大をしたり、

個人で収入の柱をいくつも構築しています。

 

 

現在の主な活動としましては、

 

 

インフォプレナー

オンラインビジネスコンサルタント

Webメディア運営

コピーライター

営業販売代行
人材派遣

 

 

といった活動をメインに行っております。

 

 

最近の趣味は美味しいグルメを味わう事で、

アクティブなこと、毎日仲間と遊んでます!

 

 

現在は多くのコンサル生を持ち、

今まで直接で延べ30人以上

ビジネスというものを教えてきました。

 

 

リスクが大きかったり、今はお金がない

という学生さんが多いので、

 

 

ネットをうまく活用した起業方法を

主にコンサルティングしています。

 

 

 

ただでも、ずっとこのように

上手く言っていたわけではありません。

 

 

当時、僕は、かっぱ寿司で週6働きながら、

学校に通うという生活をしていました。

 

 

学校の授業は無目的で、
「授業早く終わらへんかな・・・」と思いながら
携帯をいじる日々。

 

 

単位のためだけに試験前になると
必死で友達のノートを書き写す。

 

 

友達と遊んでいるときは楽しかったですが、
そもそも大学生活というものに
価値を感じられませんでした。

 

 

「何のために大学に入ったんや・・・」
そう自分に問いかけていました。

 

 

ただただ時間だけが過ぎていき、
充実感もまったくなく、

薄ぺっらい毎日にウンザリしていました。

 

 

そんなときに、
ある一人の男と出会うことになりました。

 

 

会ったときに衝撃を受けました。

 

 

「1つしか違わないのに、

こんなにもオーラが違うのか。」と。

1年後、その域まで達している自分を

想像すらできませんでした。

 

 

普通に学生をしていた自分が

恥ずかしくなるほどでした。

 

 

そして、後にも先にも、その彼が、
インターネットで自分の趣味や経験を情報発信して
収入を得るライフスタイルへと誘ってくれた人でした。

 

 

結果的に、僕は、彼と、その仲間に教わりながら、
約2カ月で約10万の収入を得る生活を実現しました。

 

 

今でも、彼や、その仲間の人と一緒に、楽しく、
充実した理想のライフスタイルを送っています。

 

 

以前に比べると
何倍にも生活が濃くなりました。

 

 

こんな自由なライフスタイルへと、
僕を誘ってくれた彼には本当に感謝しています。

 

 

そして、だからこそ、今度は僕が、この手紙を見ている
あなたにも同じことをしたいと思っています。

 

 

「なんだか毎日の生活に満足がいかなくて、
薄っぺらい生活をなんとか変えたい!」

 

 

「できるなら将来の自分の安定した生活や
自由なライフスタイルのために選択肢を増やしたい!」

 

そう思っているあなたの力になりたいと思っています。

 

 

そして、一緒に学んでいく仲間を、どんどん
増やしていきたいとも思っています。

 

 

そして、これこそ僕があなたに
限定レクチャーを提案している理由なのです。

 

 

あなたの将来の選択肢を増やし、
安定と自由なライフスタイルを掴む方法は、
案外あなたの近くに転がっています。

 

 

もし、あなたが僕の想い

「なるほど!それなら話を一度聞いてみたいです!」

 

 

と、言ってくれるのであれば、
ぜひ限定レクチャーに申し込んでみてください。

 

 

きっとあなたの夢をかなえるお手伝いが
できると思います!

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでくれているあなたは、

かなり、僕が語ったライフスタイルに
興味を持って頂けているのだと思います。

 

 

さて、あとはあなたが一歩踏み出すだけです。

 

 

突然ですが、
カール・ヒルティという人を
知っていますか?

 

 

スイスで19世紀に活躍した
哲学者です。

 

その人の言葉にこのようなものがあります。

 

 

『まず、何よりも肝心なのは、
思い切って始めることである。』

 

 

僕は、この言葉を常に頭に入れて
生活しています。

 

 

行動すること、これはとても大事です。

 

 

新しいことをするとき、
行動しなければ何も変わりません。

 

 

新しい環境に飛び込むとき、
誰しも不安を感じます。

 

 

あなたにも経験があると思います。

 

 

例えば、中学を卒業して高校に入学するとき
とても不安ですよね。

 

 

最初は人に話しかけるのもとても
緊張しますよね。

 

 

でも、恐る恐る話しかけているはずです。

 

 

あなたはそこで、
不安ながらも行動していたのです。

 

 

重要なのは、そこで行動するかどうかです。

 

 

行動することでしか
あなたの周りを取り巻く環境は変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、この方法をお教えできるのは、
実際に僕と、どこかのカフェでお会いして
話ができる方のみですので、必然的に、
あなたのお住まいが関西である必要があります。

 

 

そして、僕の時間的な関係で、
月に先着5名のみだということです。

 

 

なぜ、直接お会いする必要があり、そして、
毎月5名しか受け付けることができないのか

というと

 

 

まず、この方法は単純に説明するべきことが多い

のでどこかに書いたりしてあなたに

お伝えすることがとても難しいです。

 

 

加えて、教えるにはきっちりと説明して
あなたの頭の中で、「なるほど!」と
理解できるくらいまで、

 

 

しっかりと落とし込んで頂きたいので、
その場で質問して頂くという意味も込めて、
直接お会いできる方のみ。

 

とさせて頂きました。

 

 

また、僕自身、
今では、たくさんの人にこの方法を教えていますので、

正直、時間にあまり余裕がありません。

 

 

ですので、
僕の時間的な余裕を考えたときに

会って無料でレクチャーできるのは、
月に5名が限界だと決めました。

 

 

 

ですので、この条件を踏まえたうえで、

 

「それでも、一度話だけでも聞いてみたい!」

 

という方は、ぜひ5名の枠がうまってしまう前に
下記のボタンより申し込みを完了させてください。

 

ttbottn

 

 

 

 

 

 

 

丸の中には何が入るのでしょうか?

 

 

先日、ネットサーフィンしていたら

「手足がもげるまで働け!

1日22時間労働、24歳社員死亡」

というニュースを見ました。

 

 

この記事によりますと、

亡くなった24歳男性は、22時間労働の夜勤明けの朝、

原付で居眠り運転をして事故で死亡したそうです。

 

 

そして、

これだけならたまにありそうな話なのですが

その背景が痛々しいです。

 

 

なぜ、彼はこの仕事に就いたのかということなのですが

 

 

「ハローワークにある仕事なら安心」

 

「銀座や六本木の有名ホテルや

百貨店と取引のある会社」

 

「札幌、仙台、名古屋、神戸、福岡に

支店がある大企業」

 

だったからということです。

 

 

また、この会社はアルバイトスタートでも頑張れば

「正社員」になれるから、頑張ったということです。

 

 

しかし、実態は、正社員でも基本給58000円で

眠れないくらい激務というブラック企業だったのです。

 

 

つまり、彼は「大企業の正社員になれば安心」という

間違った価値観に基づいて行動し、基本給が安くても

激務でも頑張り、最終的に亡くなってしまったのです。

 

 

何が言いたいのか。

 

 

今の時代は『個人で稼ぐ時代』なのです。

 

 

「大企業の正社員になれば安心」という

昭和の価値観を信じていると

多かれ少なかれ、この人みたいになるので、

くれぐれも気をつけることをお勧めします。

 

 

死ぬレベルまで行く人は少なかったとしても、

大企業の正社員にこだわるために、

超低賃金で激務という人は世の中にたくさんいます。

 

 

そもそも、目指すべきは、大企業の正社員ではなく、

安定した高収入であるはずですので、

そのことを忘れないでください

 

 

 

 

 

 

 

僕なんかが比較されるのが恥ずかしいくらい、

とんでもない金額を稼いでる方はたくさんいます。

 

 

そして自分が稼いだ手法を

教えている方もたくさんいます。

 

 

ですがほとんどの場合、

そういう方々がサイトに記載する稼いだ証拠写真や

証拠映像って“偽物”ばかりなんです。

 

 

銀行の通帳にはじまり、報酬画面、

これらの証拠を手間暇かけて

ねつ造しているケースがほとんどです。

 

 

そして、それを見た人達は

いとも簡単に騙されてしまうんです。

 

 

デザイナーさんが1人いればこれらの証拠は

簡単にねつ造できてしまいますからね。

 

 

もうそんなことに

騙されて欲しくないです。

 

 

騙されている人を見るのはもうこりごりです。

 

 

なので、やる気と誠意があり、

そんな情報に騙されてたまるか!

 

 

という方は僕のところに相談に来てください。

 

 

日本人の上位4%しか味わえない、

“本当の自由”を噛み締めませんか?

 

 

ttbottn

 

それでは近いうちに、

今この手紙を読んでくれているあなたと、

 

 

どこかのオシャレなカフェでゆっくりコーヒーでも

飲みながら楽しくお話しできることを、

心より楽しみにしています!

 

 

takagimasasi